www.calle8news.com

考えもせずに不意に出あってしまうのが自動車事故です。その状況で何をどうやって作業したことが要因となり車の保険料の受け取りも相当大きく変化する時も想定されますので落ち着いた決断と対処が不可欠です。予想外の出来事で慌ててしまったならば重要な場面を見過ごしてしまい自分自身がとても大きな損を負わされる状況も想像できるので自動車の事故を起こした状況では的確に以下に述べる対処するとよいかもしれません。自動車の事故をしてしまった時に一番にするべきは負傷した人の確認です。自動車事故の後すぐは呆然としてしまう状況がありすぐに行動できないのが通常です。その状況では、怪我人がいたならば安全なところへ移動して手当てを行い、119番通報するなどして人命の優先に努めることが大事です。救急車を呼ぶ場合は正しい現場を知らせ、良く分からない場合には目を引くお店や番地名を連絡して事故が起こった住所が分かるようにします。その後に110番へ知らせ車の事故を起こしてしまった事と現状を知らせます。救急車とパトカーが来るのを待っている間に相手側の事をチェックします。姓名、住んでいるところ、TEL番免許事故の相手の方の自動車保険の会社名等自分だけでなく相手のことを言います。この時に相手方に不手際があった場合には、現場で処理する場面がありますがすぐに結論を出すのではなくどんな状況であれ警察署や自動車の保険会社連絡して、ちゃんと判断してもらうことが重要です。お互いの連絡先を言ったら他の交通のじゃまにならないために障害になる物を道の上から除去します。どうしても被害が他者の車の障害物になっている時は情報交換をするより早くその対応を行ってしまっても問題は起こりません。その後自分自身が車の保険会社に連絡して、自動車事故が発生したことを電話します。事故から一定期間内のうちに自動車保険会社に報告していないと、車での事故の保険の適用除外とされることも想定されるのでなるべく時をおかずに連絡することが大切です。出来たら手がかりとしてデジカメや携帯電話のカメラなどを使って状況や愛車の壊れた箇所が分かる写真をを撮影しておきます。その証拠写真は落ち度の割合決定する際に重要な証明とできるので、自分自身の車や先方の車の状態をしっかりと証拠として残しておくことが重要です。この場面で第三者がいたならば警官の方が自動車保険会社の人が辿り着くまでその場に待機してもらうように依頼するのも大切です。